明日のエサ、キミだから

漫画の刃漫画の刃

「明日のエサ、キミだから」という漫画を読んでみました。

名前からしてグロそうな漫画ですが、読んだら、やっぱりかなりグロい画像がバンバン出てきます。

そして、この漫画には人間を食べる化け物が登場します。ホラー系・グロい系漫画が好きな方におすすめですが、結構キモいシーンも多いので要注意です!

明日のエサ、キミだからの表紙:まんが王国

漫画名 明日のエサキミだから
漫画家/原案 みつちよ丸/佐藤祐紀
星で評価 3.5

明日のエサキミだから?

明日のエサ、キミだから1巻は、突如、見知らぬ学校に現れたバケモノが人間を食べる話です。

「なんじゃ、そりゃ?」ってなりますが、確かに、リアリティはありません。

ただ、読んでるとハマります。

 

このバケモノ、見た目は

  • クジラに
  • 4本を足と
  • なが〜い尻尾がついた

世にも奇妙な姿をしています。

人間を食べる際は、口を花が咲く時のような感じで開いて

  • モシャ、モシャ
  • ゴリゴリ、
  • じゅる、じゅる

と音を立てながら食べる。

想像するだけでも気持ち悪いと思いますが、実際に漫画で描かれてるシーンもキモいです。

もちろん、人間だけじゃなく鳥とか生きてる生物はなんでも食べる。

しかも、うんこもします。笑

 

そんなキモいバケモノに食べられないように、学校内にいる生徒たち。

ただ、そのためには毎日一人ずつエサとして、人間を差し出す必要があるわけです。

そこに描かれてる人間ドラマも見どころの一つ。

 

あらすじというか、ネタバレになりますが、「明日のエサ、キミだから」という漫画は、そんな学校内にいる人間がエサになる物語。

一人一人が、明日、もしくは、次の日、もしくは、その次の日とエサになるまで生き延びる物語です。

 

あまりリアリティーがないので何とも伝えづらいですが、漫画自体は面白いです。

「明日のエサ、キミだから」では、そんな学校内に突如現れたバケモノに一人一人食べられてしまい、最後に4人が残るお話。

そして最後の4人になった時に、突如、救助のヘリが上空に。

しかし、これは救助ではなく、別の人間たちをこの学校内に送り込むためだけだった。

果たして、その後生き延びた4人の生徒の運命はどうなるのか?

そして、この訳のわからないバケモノの正体とは?

 

さらに、政府や自衛隊などは、なぜ助けに来てくれないのか?

 

ある意味、謎が謎を呼ぶ漫画でもあります。

ただ、かなりグロいです。

明日のエサキミだからの感想は?

この漫画、以前読んだ漫画に似ていると思いました。

その漫画というのが、ハカイジュウです。

ハカイジュウ

内容は、ちょっと違いますけど、このバケモノ感がすごい似ている。

まさに明日のエサ、キミだからにでてきたバケモノは上記のような感じです。

 

実際に私が興味を持ったのも、このハカイジュウを以前読んで面白かったから。

だから最初は、同じ漫画家の方が描いているのかと思いましたが違いました。

 

明日のエサ、キミだからの漫画家は、若杉公徳さんおいう方で、本田真吾さんではありませんでした。

絵のタッチ的にも似ているので、絶対そうだと思っていたのですが・・・

 

漫画自体は、ハカイジュウよりはシリアス感がないですが、何気に面白いです。

ハカイジュウが好きな人は絶対にハマりますよ!

明日のエサ、キミだからの表紙:まんが王国

漫画名 明日のエサキミだから
漫画家/原案 みつちよ丸/佐藤祐紀
星で評価 3.5