外道の歌9巻

漫画の刃漫画の刃

外道の歌9巻は、榎本加代世子が朝食会のメンバーの一人に拉致されてピンチに!そして、この拉致した関口は変態異常者だったんです。

その他、おかまの復讐劇も面白かったです!

漫画名 外道の歌9巻
漫画家 渡邉ダイスケ
星で評価 4.0

外道の歌9巻のネタバレ

外道の歌9巻は、主に

  • 榎本加世子が拉致される話
  • おかまの友達の復讐劇

この2つがメインの内容となっていますが、他にもちょいちょい面白いというか、勉強になることも描かれています。

特に冒頭から始まる鶴巻が加世子に教えてる護身術は勉強になりますし女性なら身につけておくと何かあった時に役立ちそうな方法がわかりますよ!

榎本佳世子が拉致されピンチに!

今回の外道の歌9巻では、鴨ノ目たちのように復讐代行を行う榎本加世子が、朝食会のメンバーの一人に拉致されてしまうんです。

この拉致した男性は、加世子に片思いというか異常な変態愛や性癖を持つ朝食会の神奈川支部の支部長、関口清です。

外道の歌8巻でも登場したので、外道の歌を詠み続けてる方ならわかるはず。

とにかく、この関口という男性がかなりのサイコパスで快楽殺人者として今までにも何人もの女性を拉致しては残酷なやり方で殺害しているんです。

実際、加世子の前に拉致した女性がいて、その女性の乳首等を切り落としては、それを自分が飼ってるピラニアとかに食べさせているんです。

そして、それを見た女性が絶望状態になり、それに対して快感を感じる、まさに変態異常者です。

さらに厄介なのが、関口は日本有数の財閥系企業の会社の息子で相当の金持ちだし、権力も間接的に持ってるので色々とやりたい放題なんです。

外道の歌の漫画では、関口が住むタワマンで関口が犯行を犯すのですが、関口曰く、一部の金持ちたちが住むタワマンは治外法権の場所になっているらしく

  • 駐車場にも防犯カメラはない
  • 建物内にも防犯カメラはない

だから、このタワマンでは記録が残ると困る人たちが困るような事をやってるとか。

本当かどうかはわかりませんが、実際にありえなくないかも・・・って思いました。

政治家とか、IT社長、芸能関係の大物とか、こういう日本の治外法権になるような場所に住まいを持っていてもおかしくないかもしれませんね。

https://twitter.com/daisukoi/status/1115453069649559554

そんな関口に加世子も拉致されるんですが、関口の目的がやばいんです。

関口の最大の目的は、加世子の内蔵で顔を洗うこと

やばすぎ!

 

最後は、鶴巻が助けてくれるんですが、この時の鶴巻はめちゃかっこいいですよ!

殺されたおかまの友達の復讐劇

もう一つのストーリーは、おかまちゃんたちの話です。

今の時代、おかまちゃんたちも堂々と好きな男性に告白したりする時代ですが、外道の歌9巻に登場するおかまちゃんは、あろうとも妻がいる男性と浮気することに。

しかも、その男性は元々はノーマルの男性なのに、そのおかまちゃんを本当に愛してしまっているんです。

確かに、最近はおかまちゃんでも見た目が女性とほぼ変わらない、むしろ女性よりも綺麗だったり、可愛かったりするニューハーフもいます。

そして、何と言っても元々男性だけに男性が求めてる本当の女性をうまく演じることができる気がしました。

さらに漫画では、おかまちゃんの一人が、こんな事を言ってるんです。

この業界じゃ下は未工事の方が客がつくのよ。

顔は女だけど、下にチンコがついてるって所に興奮する男が多いのよ!

引用元:外道の歌9巻より

「なるほど〜」って変に理解してしまいました。笑

とにかく、この浮気相手のおかまちゃんが、浮気した男性の妻に滅多刺しにされて殺されてしまうんですが、この妻もやばいやばい。

なんか浮気って「妻にも原因がある」ってよく言いますが、なんとく、その理由がわかる内容でもあります。

ま〜でも、妻側としても浮気相手が男性って、ちょっと複雑だろうな〜

上記のシーンは、リアルにおかまに浮気された妻の感情ですね。

漫画名 外道の歌9巻
漫画家 渡邉ダイスケ
星で評価 4.0

外道の歌の漫画1巻〜最新刊まで全話ネタバレと正直な感想を下記の記事にて更新中!
外道の歌・最新刊まで全ネタバレ