外道の歌のネタバレ

漫画の刃漫画の刃

漫画、外道の歌は、娘と妻を殺された男性、鴨ノ目武が同じように辛い思いをしてる人々の復讐代行を行う漫画となっています。

今回は、そんな話題の漫画外道の歌のネタバレと感想を1巻から全巻まで紹介していきます

外道の歌のネタバレ・まとめ一覧
第1巻 第2巻 第3巻
第4巻 第5巻 第6巻
第7巻 第8巻 第9巻
第10巻 第11巻 第12巻
漫画名 外道の歌
漫画家 渡辺ダイスケ
星で評価 4.0

外道の歌のネタバレ

主人公は、サングラスをかけた鴨ノ目武という男性。表の顔は、カモメ古書店を営む傍ら店主。しかし裏の顔は、復讐代行を行う復讐屋さん。

第1巻では、そんな鴨ノ目が復讐代行やを始めた経緯や、彼の家族の身に起きたい事件が描かれています。

彼はもともと、娘と妻の3人暮らしだったんです。普通の一般家庭で、家計は楽ではないですが、娘の里奈のお陰で平凡で幸せは日々を送っていたんです。

「娘、里奈の為に生きる!」

そんな彼の心の声が聞こえてきそうなぐらい、彼は娘を愛していたんです。これは、娘を持つ世のお父さんなら共感できる内容が多いと思います。

 

しかし、そんな矢先、彼が仕事で留守の際、妻と娘はスーパーでつけてきた男性に自宅で襲われ命を落とすことに。

しかも犯人は、警察官僚の息子で隠蔽工作で事件の真相がうやむやになるんです。実際、警察の官僚が関わっていたりするとキャリアに汚名がつくので、隠蔽工作は行われるのでしょう。

ただ、それを黙って見過ごすわけにもいかないし当然のこと、納得もできない鴨ノ目は自ら犯人を突き止めて殺害することに。

 

そして、そこから鴨ノ目の復讐代行を仕事とし、誰の助けも得られない被害者の為に立ち上がり、自分の生き甲斐を見出すことになるわけです。

被害者や遺族の無念

この無念を鴨ノ目が代わりに晴らすことで、自分の心の拠り所を見つけ出そうとしている気がします

鴨ノ目を取り巻く登場人物

外道の歌には、鴨ノ目の復讐代行を手伝うパートナーや、なぜか一緒に暮らす人物がいます。

まず、鴨ノ目を助けるパートナーの島田虎信(通称:トラ)

彼もまた、強盗に母親を殺害された過去を持ち、鴨ノ目の行う復讐代行に共感し彼を助けることに。しかも、元地下格闘技のチャンピョンなんで、めちゃくちゃ強いです!!

どことなく、小栗旬に似てる気もします。

 

もう一人、鴨ノ目達と一緒にカモメ古書店で暮らすのが、開成菜々子です。

彼女は後々出てくる、鴨ノ目とトラの最大の敵と言ってもいいほど強くて怖い園田という男性に両親と従姉妹を殺害された過去を持つ。

そこで菜々子は園田を追いかけるうちに鴨ノ目とトラを頼ることになるのですが、同時に、いく場所がない彼女はカモメ古書店で居候状態になります。

 

メインの仲間は、この二人ですが、他にも一見ヤクザ風の鴨ノ目の叔父もいたりします。

外道の歌の感想は?

どことなくですが、漫画、報復刑にも内容的には近いものがあると思います。

警察に行っても中々解決できないような事件の被害者の本当の気持ち、そう憎っくき犯人に

復讐したい!

懲らしめたい!

同じ辛さを味合わせたい!

という想いを描いてる漫画です。

 

自分ではできないような事を、自分の代わりに残虐で冷酷な手を使って復讐してもらう。

そして被害者の気持ちを少しでも和らげる。

それが復讐代行屋だと私は、この外道の歌を読んで思いました。

 

正直、法律だけでは裁ききれない事件は多いです。そして、泣き寝入りしてる被害者や遺族はリアルに存在しています。

そういう意味では、こういう復讐代行の存在価値もあるのかもしれません。そう感じさせてくれる漫画が、外道の歌です。

今後も、こちらのページでは外道の歌を最新刊まで読み続け感想を交えた全ネタバレを更新していきます!

漫画名 外道の歌
漫画家 渡辺ダイスケ
星で評価 4.0