外道の歌12巻

漫画の刃漫画の刃

外道の歌12巻は、興劉会、朝食会、カモ、國松たちが複雑に絡み合う内容が面白い!

リアリティーのある裏社会の物語って感じ

漫画名 外道の歌12巻
漫画家 渡邉ダイスケ
星で評価 4.5

外道の歌12巻を無料で読む方法
詳しくはコチラ

外道の歌12巻のネタバレ

外道の歌12巻は、興劉会、朝食会、カモ、國松たちが複雑に絡み合う内容となっています。少しずつですが、カモたちが動き始めて、その先に國松や興劉会が関係してきたりします。

また12巻では、榎加世子が属する朝食会の話もあり今後、興劉会、カモ、國松たちと、どこでどう関係してくるかが気になる感じです。

半グレ集団への制裁

まず12巻では、11巻で登場した半グレたちにカモたちが、レイプされ動画を流され自殺した女性の代わりに制裁を加えるために動き出します。

  • 五月女潤(そうとめじゅん)
  • 富永康太(とみながこうた)
  • 蛍田成之(ほたるだしげゆき)

という3人を拉致。

いつも通り、かなり残虐な方法で制裁を加えるんですが今回のやり方は、業務用の焼却炉を改造して作った頭専用の火葬場を利用。

生きたまま頭だけ焼いて殺害するという残虐な方法で制裁を加えることに。

その時、富永康太といういかにも半グレぽい男は頭が焼かれる瞬間に勃起するんですが、そこが何となくリアルに感じます。っ!

興劉会の内輪揉め

外道の歌12巻は、他にも興劉会のヤクザたちの内輪揉めもリアルに描かれています。なんとく、現在の山口組の抗争を匂わせるような内容。

途中、先ほどの半グレ二人に興劉会の代表代行の渋沢組長がサウナで殺害されたり、組長同士がいがみ合ってあってるシーンが本当にリアルです。

あと、この殺されてしまった渋沢組長ですが、サウナ内で心の中で言っていた事が、今のヤクザ現状や立場の辛さを物語ってる気がしました。

会社勤めしてる一般の連れは皆んな何かしらの役職について、それなりの立場にいる

この年齢になると、たいていストレスについて、あれこれ語るが声を大にしていいたい

この業界(極道)が1番ストレスが溜まるぞ!

昔みたいに、いつ命を取れるか…みたいな心配は無いが、いつ誰が裏切るかわからねえ

何十年と慕ってきた舎弟がアッサリ警察に売るなんてザラにある

そうしたら刑務所だぞ、刑務所!!

わかってんのか?バカ野郎

左遷やリストラなんか目じゃねえぞ

刑務所入れられちゃうんだよ?

パワハラだって非道いし

引用元:外道の歌11巻より

この渋沢組長の心の声を聞くと「本当に今の時代ってヤクザって大変なんだな〜」ってリアルに感じ取れる気がします。

確かに、カタギの人に比べたらストレス半端ないでしょうね。辛っ

朝食会の会長決め

外道の歌12巻では、なぜか榎加世子が属する朝食会の話も始まります。

朝食会の会長決めの話なんですが、今まで登場しなかった朝食会の幹部全員が登場。中には、相当ヤバそうな奴がいます。

とにかく今後、興劉会、カモ、國松たちと、どこでどう関係してくるかが気になりますが、12巻では特に直接関わる話はありません。13巻ぐらいから大きく変わってくると思いますが、一体どのように関係してくるのかは全く予測不可能です。

國松の笑顔が怖い

最後に、このヤクザシリーズで大きな鍵を握る人物、國松なんですが、なんとなく怖いんですよね〜

暴力的に怖いとか、そういうのではなく雰囲気が。特に、12巻でときより見せる笑顔が、怖い、怖い。顔は笑ってるけど目が笑ってないって感じ。

他にも國松の

  • 知的さ
  • 金儲けのうまさ
  • 人の心理を理解する力

など、隠れた裏社会の大物感が漫画からも伝わってきます。

外道の歌12巻の感想

11巻から始まったヤクザが絡み合う話ですが、12巻から徐々に話が盛り上がっきて、

  • カモ
  • 興劉会
  • 朝食会
  • 國松たち

が複雑に絡み合ってく感じが、めちゃくちゃ面白いです!

色々と裏社会の人間関係や現代の状況を理解できる内容でもあるので、ヤクザ漫画が好きな人にとっては超オススメです!

漫画名 外道の歌12巻
漫画家 渡邉ダイスケ
星で評価 4.5

外道の歌12巻を無料で読む方法
詳しくはコチラ

外道の歌の漫画1巻〜最新刊まで全話ネタバレと正直な感想を下記の記事にて更新中!
外道の歌・最新刊まで全ネタバレ