漫画ギフト+-9巻の表紙

漫画の刃漫画の刃

漫画ギフト+-9巻は、警視庁で働く加藤刑事と、元々環の心臓専門医だった神崎梨世の正体が徐々に明らかになってきました。

もちろん全てではないですが…

少しずつ彼らの周りに関わる人間関係が見えてきました

漫画名 ギフト+-9巻
漫画家 ナガテユカ
星で評価 4.0

ギフト9巻のネタバレ

漫画ギフト+-9巻では、冒頭、環が友達の父親に襲われてる状態から始まります。しかし、ここで環の凄さが、また明らかになります。

環は、クジラを呼び寄せる狩り人

まさに、それが分かるシーンで、読んでる側としては「環が強姦されてしまう、やばい!」って感情で読んでますが、環自身はいたって冷静です。

むしろ、強姦されても、その後のことを考えて行動してる感じです。

ここまで感情がない冷静でいられる環は、本当お人形さんのよう。自分の体と魂が一体になってない感じしますね。

ネタバレしますが、環は友達の父親に強姦されないので心配なく!

むしろ、クジラを捕獲しますが「一体どうやって立場を逆転させたのか?」は最初のシーンで1番注目して欲しい部分です。

環の心臓に感情が

ただ、環自身は少しずつ変わってきてる感じがしました。

環というか、環の心臓が彼女を変えてる気がしますね。今までは本当に人形のように、なんの感情もない状態でしたが、今は

  • 寂しいとか
  • 可哀想とか
  • 好きとか

普通の人間と同じような感情を持ち始めてきています。実際に全ての感情を持ち始めたら、環はどう変わってしまうんでしょうかね。気になります。

中国のスパイ!?神崎梨世の本当の正体

今回9巻では、神崎梨世の本当の正体が少し見えた気がします。これまで、彼女は中国人民解放軍の実質的なトップ、曹国良の手下として動いていたと思っていましたが、どうやら違うようです。

ネタバレしちゃいますが、彼女はアメリカのスパイという顔を持っていたんです。

要は、二重スパイってやつです。

ただ、ギフト9巻を見る限り、単独で行動してるのか何か他に狙いがあるような気がします。多分、次に紹介する加藤と同じように彼女の過去に何らかの因果関係があるような気がします。

正直、神崎梨世については、まだまだ謎が多いですが少しだけ見えた気がします。

加藤の正体と秋光家との関係性

今回の9巻の1番の見どころは、警視庁の刑事として、そしてタカシの部下として常に裏で動きながら皆を見張ってる加藤の正体が明らかになってきました。

そもそも、加藤を見ていて読者の方は

  • なぜ、タカシに指示に従うのか?
  • 本当は、一体誰の味方なのか?
  • 本当の狙いは何なのか?

が気になってる方は多いでしょう。

 

今回は、その一部というか真実が明らかになります。特に、

  • 加藤の正体と
  • 秋光家の関係性

が分かって、なんとなく加藤がタカシの言うことを聞く理由がわかります。

全部ネタバレしすぎると面白くないので、あえてしませんが、ギフト9巻を読めば加藤に関する疑問が少し解決されますよ!

ギフト+-9巻の感想

ギフト9巻は、今まで登場してきた裏で皆を動かしている人物たちの謎が少しずつ解明されるような内容です。

全てがスッキリするような内容ではないですが、なんとなく点と点が繋がった部分もあり「なるほど〜」と感じるような場面もあります。

さらに、ギフト9巻では最後に、新しいキャラも登場します。

最初は、「あれ加藤?」って思いましたが、違いました。

別の人物で、また主人公の鈴原環に関係する人物です。関係というか、狙ってる人物で10巻ぐらいから環を狙って犯罪を起こしそうな人物も登場しますよ!

漫画名 ギフト+-9巻
漫画家 ナガテユカ
星で評価 4.0

ギフト+-の漫画1巻〜最新刊まで全話ネタバレと感想を下記の記事にて更新中!
ギフト+-最新刊まで全ネタバレ