漫画ギフト+-14巻の表紙

漫画の刃漫画の刃

ギフト+-14巻から新しい敵キャラが登場します。

鈴原環を恐れ、いつか自分で始末することを計画してるリュウと同じような中国人の残留三世です。

さらに、環やタカシと同じような臓器ビジネスを個人でネットを使って闇サイトで販売する兄弟も登場。

しかも、人の肉を食う兄弟だったんです。今回のギフト14巻は、結構グロいですよ。

漫画名 ギフト+-14巻
漫画家 ナガテユカ
星で評価 4.5

ギフト14巻のネタバレ

ギフト14巻では、冒頭から楊亮という残留三世のチャイニーズマフィアのリュウのような新しい敵キャラが登場します。

しかも、リュウのように

  • 鈴原環を狙い
  • プティシャトンの事件にも

実は関わってる人物で今後、ギフトの漫画では鍵を握る敵キャラになりそうな気がします。パッと見は、新宿の歌舞伎町にいそうな半グレのような若者です。

闇サイトで臓器を売る兄弟

さらに今回の14巻で一番印象に残ったのが、

  • 環やタカシのクジラ狩を真似て
  • 犯罪者を襲い、解体し
  • 臓器を闇サイトで販売する

ある兄弟の登場です。

しかも、この兄弟は襲った人間を解体し臓器を売るだけじゃなく、食っちゃうんです。人の肉を。

そして、この兄弟の場合は、解体して臓器を売るだけが本当の目的じゃなく、実は、人の肉を食うことが1番の目的だったんです。

あくまでも、解体して闇サイトで売るのは、環やタカシを真似たビジネスでお金も稼げればラッキーぐらいだったんです。それよりも、彼にとって大事なのは、人の肉を食べることだったんです。

なぜ、人の肉を食うのかというと、この兄弟の過去に関わっているんです。

もともと、二人は母親に虐待されていて母親を殺してしまった兄の方が、遺体を冷蔵庫に入れて最後にカレーに入れて食べてしまったです。

キモっ!!

そんな感じの内容で、実際にそれを想像した後に解体した臓器を見たらかなり気持ち悪くなりました。

そんな二人を、タカシ達が放っておくことはありません。最終的には、環に簡単に捕まって二人とも最終的には自分たちがクジラになって解体されます。

ギフト14巻の感想は?

今回は、なんか濃いキャラが登場しましたが、特に人を食う兄弟の登場は印象に残りました。

この二人は、14巻だけの登場でしたが「人を食う兄弟」ということで、なんか漫画、ガンニバル を思い出しちゃいました。

ガンニバルは人が人を食う村の話。キモくてグロい吐き気がする漫画。1巻〜最新巻まで全ネタバレ更新!

あそこまでグロいシーンはありませんが、人を食うシーンを想像させる内容なので夕飯前に読んだので少し気持ち悪くなりました。

だって解体した人の肉をカレーに入れて食べちゃうんですよ。しかも祭りに参加して露店で売って購入した人も知らないで「うまい、うまい」って言いながら食べてるんです。

ガンニバル でもそうでしたが、ギフトでも人の肉を食った人は再び人の肉を欲すると書かれていました。

これは肉食動物の本能なのか、クマでもライオンでも一度人の味を覚えた獣は再び人を襲う傾向があるらしいです。

キモっ!!

漫画名 ギフト+-14巻
漫画家 ナガテユカ
星で評価 4.5

ギフト+-の漫画1巻〜最新刊まで全話ネタバレと感想を下記の記事にて更新中!
ギフト+-最新刊まで全ネタバレ