漫画ギフト+-3巻の表紙

漫画の刃漫画の刃

漫画ギフト+-3巻では、登場人物たちの裏の顔や、裏で実際に行われてることが徐々に明らかになってきました。

そして意外な人物が実は、裏でことを操る人物だったことも判明します!

ギフト3巻のネタバレ

ギフト+-3巻冒頭は、主人公の鈴原環が探していた林先生と出会うことに。

「お、ついに感動の再開か!」って思いましたが、残念ながらボコボコにされていた林先生を見ても、探していたたくま先生だとは気付きません。

しかし、なぜかボコボコにされた林先生を見ると心臓がドキドキ。パッと見ではわからなくても、やはり移植された心臓が反応しちゃうんですね。

解体キラーアイを生み出した裏切り者?

今回ギフト3巻+-では、少し予想外の人物が実は裏切り者、裏で全てを操る人物だったことが判明します。

その人物は、リュウと一緒に解体を行なっていたアイを解体キラーに育て上げた人物でもあります。今回の3巻では、そんなアイが解体キラーになる様も描かれていますが、途中、自分の親を刺し殺しているグロいシーンがあって残酷です。

しかも、裏では政治家などを集めて解体ショーを開催したり、中国人マフィアのリュウを助けていたり、全てをコントロールしてるような人物です。

さらに言うと、この人物は

  • 警察で
  • タカシの直属の部下

だったりします。

「え、誰?」って思うようなあまり目立たない人物ですが、ギフト3巻+-から徐々に本性が露わになりますよ。

阿藤が徐々に事件に真相に迫るが…

一方、過去の政治家にまつわる過去のプティシャトン事件や現在起きてる事件などの因果関係やすべての真相に迫る元刑事の阿藤。

しかし、真相に迫れば迫るほど、命の危険が高まっていきます。

さらに、ギフト3巻では阿藤が鈴原環が林先生が探していた人物(たまき)だと気づくのですが、そこに、先ほどの裏で全てを操る人物が登場し、阿藤を拳銃で撃つことに。

命はギリギリ助かりますが、果たしてどうなるのかは4巻に続く流れとなっています。

ギフト+-3巻の感想

ギフト+3巻もかなり面白いです!少しずつですが、見えなかったものがクリアーになってくる感じが読んでいてワクワクしてきます。

漫画自体はグロいシーンも少しずつ減ってきていますが、それでもちょいちょい心臓が抜き取られるシーンとかもあります。

あとは、本当かどうかはわかりませんが、ギフトの漫画で描かれてる世の中のカラクリも怖いです。

さすがに、漫画の世界だけだと思いますが、児童ポルノ法の法案を通そうとしてる政治家が、実は裏で幼児売春行為をしてたりします。

もし、実際にこんなことが本当にあるんだったら絶対に許せないですね。でも政治家なんて口先だけだったりしますし、だいたい裏の顔を持ってる人がほとんどですしね。ありえなくもない話だ。

とにもかくにも、今回のギフト3巻は、色々と裏で動いている人物たちの本性が垣間見れるシーンが多めで、そこが1番の見どころです。

漫画名 ギフト+-3巻
漫画家 ナガテユカ
星で評価 4.5