にぶんのいち夫婦6巻

漫画の神様漫画の神様

にぶんのいち夫婦6巻は、和馬の苦悩が伝わってきます。さやかの魔の手から逃れられない和馬を見ていると、になりそうです。

さやかは本当に恐ろしい女です。

漫画名 にぶんのいち夫婦6巻
著者+作者 黒沢明世、夏川ゆきの
星で評価 4.5

にぶんのいち夫婦6巻ネタバレ

にぶんのいち夫婦6巻では、さやかの罠にハマってしまった和馬の苦悩が伝ってくる内容です。今までは、和馬も多少なりに悪いと思っていましたが6巻を読むと、本当に辛い思いをしていたことが十分に伝わってきます。

さやかは悪魔

にぶんのいち夫婦6巻では、今まで明かされなかった和馬とさやかのやり取りが描かれていますが和馬に対する仕打ちがあまりにも酷い、酷い。

それを見てると、さやかはまるで悪魔のよう。

「そこまでやる必要があるの?」ってぐらい、和馬を追い込んでいく姿は、悪魔です。悪魔。

しかも、和馬が思い込んで苦しんでる表情を見て嬉しそうにしているさやか。なんで、あそこまで非情になれるのか、ある意味、文に対する嫉妬心が相当凄いだと思います。

とにかく、さやかは「文」という言葉を聞くと敏感に反応します。だから、文が手にするものは全て破壊するぐらいの気持ちなんでしょう。

リアルの世界でも、妬み、恨みは怖いですが、それをリアルに感じられるシーンが多い。

歯車が狂い始めた

今回の6巻の表紙を見ればわかるように、5巻の時の表紙に比べて、かなり和馬の文の表情が曇り始めています。

そう、6巻は二人の歯車が狂い始めた時。それを和馬の視点から描いているんですが、今まではわからなかった和馬の気持ちや、和馬の思い。

これまで2〜3巻を読んでいて「和馬って、この時どんな気持ちで文に接してるの?」という疑問を全て解決してくれる内容となっています。

とにかく、読者が気づかなかった和馬の苦悩を感じ取れる内容です。

見ていて可哀想です。

樋口への敵対心

さらに、6巻では和馬が、樋口と文が食事をしていてファミレスで偶然に出会うシーンを和馬の視点から描いているんですが、また全然違った見方できました。

和馬の樋口に対する対抗心はすごいすごい。

さやか程まではいきませんが「文が樋口に取られてしまう」という気持ちになった時の和馬の変わり映えも注目するべきです。

自分がその時の和馬だったら、気が狂うと思います。

いろんなストレスや重圧で精神状態がやばい時に、自分が本当に守ろうとしている大事な物が自分の手元から消えて無くなってしまう…

まさに和馬が樋口と最初にあったときは、そんな心境だっただと思います。それなのに和馬の冷静な分析や、その後の対応の仕方を見てるとすごいのに、なぜ、さやかに対してうまく対応できないのか少し矛盾を感じる部分もありますね。

とにかく、和馬が追い込まれているシーンは見てると辛いです。

にぶんのいち夫婦6巻を無料で読む方法

にぶんのいち夫婦は何巻でも無料で読めるサイトがあります。

そのサイトというが「コミック.jp」という電子書籍サイト。このコミック.jpに無料会員登録するだけで1,350円分のポイントが実質タダで貰えます。

そして、この1,350円分のポイントを活用すれば、にぶんのいち夫婦は1巻分が660ポイントなので、にぶんのいち夫婦6巻も無料で読めちゃうんです!

にぶんのいち夫婦が無料で読めるコミック.jp

もちろん条件はありますので、これから解説するステップ通りに進めてみてください。

  1. コチラから無料会員登録し
  2. 無料会員登録で1350ポイントを貰う
  3. 30日以内に【にぶんのいち夫婦】を読んで
  4. 30日以内にコミック.jpを解約する

上記の通りに進めればにぶんのいち夫婦6巻は無料で読めるんですよ!

さらに詳しくは
→にぶんのいち夫婦6巻を無料で読む方法

漫画名 にぶんのいち夫婦6巻
著者+作者 黒沢明世、夏川ゆきの
星で評価 4.5

→にぶんのいち夫婦の全巻ネタバレや感想