報復刑9巻

漫画の刃漫画の刃

報復刑の最新刊となる9巻が遂に出ました。早速9巻の単行本(Web漫画バージョン)を読んでみましたが、今回も様々な事件が起こります。

そして、この事件を起こす犯人たちに報復刑は下されるのか・・・

漫画名 報復刑9巻
漫画家 トータス杉村
星で評価 3.5

報復刑9巻のネタバレと感想

報復刑の9巻は、5種類のストーリーで構成されていますが、どれも被害者側の気持ちになると胸が痛い。

そんな内容です。

 

まず最初の報復刑のストーリーでは、身勝手な思い込みした人間が引きおこす事件。

こんな思い込みをしてる人なんているのかな〜?って思うぐらい。

 

というのは、この犯人はある美術館がエログロ作品を展示してる事に対して腹を立てます。

エログロ作品って、漫画みたいです。

実際に、そんな作品展示してる美術館はあるのかな?

 

とにかく、この美術館に腹を立てて放火事件を引き起こします。そして、この美術館に来ていた人たちが焼死体として病院に。

そこには、ある医師が。その医師は、医者としては当然の判断かもしれませんが、助けられる命を優先していきます。

既に、放火で助けられないような状態の人よりも助けられる人を助ける選択をすると。

 

ただ、この時に、

  • なぜか友人の妻と
  • 放火した犯人

のどちらを選択するかを迫られ、警察からは犯人を治療する事を説得される。(事情聴取のため)

 

どちらも火傷をおっているのですが、友人の妻は助からないと判断したので後回しに。

ただ、この時に、この女性が自分の友人の妻だとは知らなかったんですね。

 

逆に、放火した犯人を助けてしまうのですが、後々、その友人と会ったときん後悔します。

 

「なんで、こんな奴を助けてしまったのか!」

 

多分、リアルで同じような思いになった医者さんもいるはずです。

そして決意するんですが、使命を持ってこの犯人を報復刑させる事…と、こんな感じで報復刑9巻は始まっていきます。

報復刑9巻の感想:リアルで増える

ちょうど、この9巻を読み終えたときは自粛期間中だったんですが、今後、報復刑9巻に出てきたような事件は増えていく気がしました。

 

これから先、世の中、社会は

  • 大きな混乱が起き
  • 失業者も増え
  • 犯罪も増えていく

のは間違いありません。

 

そうなると、9巻以外にも、やはり報復刑で実際に取り上げられたような事件は今度どんどん増える。

そんな気がします。

 

いや〜最新刊の報復刑9巻は時期も関係しますが、いつもより色々と考えさせれます。

 

面白いのは面白いですが、少し自粛ムード中に読むと病むかもしれません。

それでも読んでしまうのが、漫画、報復刑と言えばそうなんが・・・。

漫画名 報復刑9巻
漫画家 トータス杉村
星で評価 3.5

報復刑の漫画1巻から最新刊まで、全話ネタバレと感想を下記記事にて更新中!
報復刑を最新刊まで全ネタバレ