呪術廻戦5巻

漫画の神様漫画の神様

呪術廻戦5巻は、前回に引き続き京都校の先輩たちとの戦いのシーンが多くスラスラと読めて面白いかったです。

また、多少の笑いありです

漫画名 呪術廻戦5巻
漫画家 芥見下々
星で評価 4.5

呪術廻戦5巻を無料で読む方法
詳しくは、コチラ

呪術廻戦5巻のネタバレ

呪術廻戦5巻は、冒頭、東堂と虎杖の戦いのシーンから始まるんですが、いつも通り東堂が戦う相手(虎杖)に対して好みのタイプの女性と性癖について尋ねます。

その時の二人の対話が何気に面白かったです。

ネタバレしちゃいますが、虎杖と東堂は同じ穴の狢で相性が合うんでしょう。東堂の質問に対して虎杖が答えた好みの女性のタイプがウケるし、それに対する東堂の反応も笑えます。

この後、二人はなぜかマブダチのような存在になるんですが、そこは是非あなた自身で漫画を読んで確かめて見てください。

何気に笑えますから。笑

もちろん、それだけじゃなく二人の戦闘シーンもあり、東堂の指導により虎杖はより強く、そして一気に呪術のレベルがアップした気がします。

パンダVS志々雄真実?

他にも京都校の先輩たちの戦いのシーンばかりが描かれてる呪術廻戦5巻ですが、その中で、もう一つ面白かった戦いがパンダと京都校2年の究極メカ丸の戦いです。

実は、このメカ丸の2年生はロボットで中でメカ丸を操る人がいるんです。その中にいるのが実際のメカ丸なんです。

そして、そいつの見た目が「るろうに剣心」の京都編に登場した志々雄真実に瓜二つ。まさに、こんな感じ↓

志々雄真実

藤原竜也演じる志々雄真実 – (C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

ご覧になればわかると思いますが、彼が登場した時に「あ、志々雄真実だ」って思いましたね。そんなメカ丸を操る志々雄真実似が、パンダと戦うシーンも面白いです。

パンダは、パンダで変身するんですが、その姿もパンダの可愛らしさがなくなりゴリラのような姿に変身します。

最終的には、ネタバレしちゃいますがパンダが勝利し二人はある理由で意気投合します。

熾烈な女同士の戦い

他にもメインの戦いのシーンがあります。それが、釘崎野薔薇と京都校先輩たちとの戦いです。

それにしても、この釘崎野薔薇は口悪いですよね〜

「うるせぇよ」

「てめぇの人生は仕事かよ!」

「てめぇだけで勝手にやってろ!」

などなど。

この女同士の戦いは口喧嘩での戦いでもあります。

呪術廻戦5巻の感想

5巻は、敵との戦いはありませんが、先輩たちとの腕試しの戦いシーンが多く、それぞれの特徴や呪術の技などが理解できて面白かったです。

鬼滅の刃で言うところの柱たちが一気に登場し、彼らのすごさを披露してくれたようなシーンと似ています。

とにかく、こういう戦いのシーンはスラスラ読めて何気に私は嫌いじゃないです。

漫画名 呪術廻戦5巻
漫画家 芥見下々
星で評価 4.5

呪術廻戦5巻を無料で読む方法
詳しくは、コチラ

呪術廻戦の漫画1巻〜最新刊まで全話ネタバレと正直な感想を下記の記事にて更新中!
→ 呪術廻戦・最新刊まで全ネタバレ