鬼門街カルマ2巻の表紙

漫画の刃漫画の刃

鬼門街カルマ2巻は冒頭の前回のカルマ1巻に登場した謎の男にマサトが振り回され、最終的には変なゲームに参加することになります。

なぜ、そんな展開になったのか?

そして、その謎の男の正体とは?

鬼門街カルマ2巻ネタバレ

鬼門街KARMA:カルマ2巻から、マサトと豪鬼は、新しい展開が待っています。

 

謎の男路に注射をされ倒れ込んだマサト。

3日間も公園ベンチに倒れ込んでる状態に。

 

起きた時には、豪鬼もいない状態で、マサトが今までにないぐらい焦りまくる。

そりゃそうですよね。

今まで豪鬼がいたからこそ、マサトは色んな人間や鬼と戦えていたわけですから。

 

豪鬼がいなくなったら一気に無防備状態。

なぜ、こんなことにななったのか?

 

それは、先ほどの謎の人物が関係してます。

実は、この男(女の可能性も)。

妙な感じなんです。

 

マスクと帽子をかぶった顔は見えない。

豪鬼など鬼は見えるけど、鬼がついてる気配もない。

 

「え、どういう事?」って思います。

豪鬼曰く、陰陽師的な存在で鬼に結界をはる能力もあったとか。

マサトと豪鬼がカルマゲームに参加

そして、この謎の人物によって、マサトと豪鬼はなんだかよく理解できないゲームに参加させられる。

その名も、「カルマ・ゲーム

 

鬼憑きの人間同士を戦わせて、相手が「参った!」するまで、もしくは絶命するまで戦わせる。

もし断ったら、マサトの頭が大変なことになるんですが、どうなるかは、ご自身でチェックして見てください!

 

「北斗の拳か!」

「カイジが!」

 

って、ツッコミを入れたくなりましたが、何だか展開が今までと全然違います。

そもそも本当の目的もわからないし、そもそも、この謎の人物は

  • 誰なのか?
  • どんな存在なのか?
  • どんな能力があるのか?

謎が謎を呼ぶ人物であるのは間違いないです。

新たな鬼(凍鬼)も登場!

そして、この謎の人物によって無理やり訳のわからないゲームに参加させれるマサト達。

そこに登場するのが、最初の対戦相手なんですが、こいつが、またまた油断がならない相手です。

 

マサトも大分強くなりましたが、やはり優しさが仇となる瞬間があります。

それによってピンチに陥るマサト。

鬼門街カルマ2巻の感想

鬼門街カルマ2巻を読んで、マサトが謎の男が主催するカルマゲームに参加させれる。

これを見た時に、同じような内容の漫画を思い出しました。

 

そう、カイジです。

 

これは先ほどもお伝えしたのでわかると思いますが、謎の人物に人生を左右されてしまう、あの感じ。

この展開が、鬼門街カルマ2巻に似てます。

今までの鬼門街では考えられないような展開で少し困惑しますし、全然、今後の展開が読めない。

予想できない感じです。

あなたも読んでみてみると私の気持ちがわかるはず…

漫画名 鬼門街カルマ2巻
漫画家 永田晃一
星で評価 4.0