じゃあ、君の代わりに殺そうか?のネタバレと感想

漫画の刃漫画の刃

漫画「じゃあ、君の代わりに殺そうか?」を読んだ感想と1巻から最新刊までのネタバレ記事を書いています。

この漫画は、表紙の絵とタイトルの通りと通り学園ホラー・サスペンス系がテーマです。

怖いというよりは、「なんで?」って思いながら登場人物の行動や考えを推理しながら読む漫画です

漫画名 じゃあ君の代わりに殺そうか
著者+作者 蔵人幸明、榊原宗々
星で評価 4.0
じゃあ君の代わりに殺そうかのネタバレ・まとめ一覧
第1巻のネタバレと感想 第2巻のネタバレと感想 第3巻のネタバレと感想

じゃあ君の代わりに殺そうかのネタバレ

またまた凄いタイトルがついた漫画を読んでみました。その名も

じゃあ、君の代わりに殺そうか?

タイトルで何となく、どんな漫画なのかは予測できると思いますが分かりやすくネタバレすると、いじめられてる主人公を助けてくれた同級生が、虐めていた奴らを殺して始末する漫画です。

ただ、

  • なんで助けてくれるのか?
  • なぜ、殺害という事までするのか?
  • 本当の目的は何なのか?

これが予測不能なので、読みながら「なんで?」と思いながら読んでしまう漫画でもあります。

この漫画の登場人物

まず、この漫画の主人公を紹介しておきましょう。

藤倉優馬:右側

彼は、学校で番長的な存在に目をつけたれて虐めを受けてる青年。一応、この漫画の主役なんだと思いますが、気弱で物静かなタイプの高校生です。

漫画の中では、ケツの穴にペンを入れたり酷い虐めを受けていますが、日々それを耐え卒業するまでの我慢と思いながら生きてるタイプの高校生。

ある意味、我慢強く心の優しい人間ですね。

 

雨里涼(アメリ):左側

通称、アメリというあだ名で呼ばれるようになる彼が、主役の藤倉をいじめから救ってくれます。ただ、彼の目的はイマイチ理解できません。「なんで藤倉を助けるのか? え、もしかしてBoyds Love?」って思うようなシーンもあるんです。

一方で彼は、シリアルキラーな雰囲気もあります。なぜなら、彼が藤倉の代わりに虐めていた奴らを殺すからです。

とにかく、このアメリが、この漫画の鍵を握る人物であることは間違いありません。

 

横田悠奈

虐めを受けてる藤倉を間接的に助けようとする同級生の女子高生。実は彼女も、中学の時からいじめを受けており、そのいじめは今だに続いているんです。

しかも、このいじめが卑劣で、女子からではなく男性から性的暴行を受けており、いじめというよりかは犯罪に近いです。

そんな虐めを受けてる人の気持ちがわかる横田は、藤倉を何とかしようと担当の先生に相談したりして間接的に助けようとしますが…

あと、この横田も藤倉を助けてる目的がイマイチ理解できません。

  • 藤倉に好意を抱いるから?
  • 単純に正義感から?
  • 他に何か目的があるのか?

そんな風に「なぜ?」って思いながら、横田の行動を推理しながら読んでしまいます。

1巻からグロい拷問シーン

「じゃあ、君の代わりに殺そうか?」は1巻では、3人の登場人物がテンポよく紹介されながら主人公の藤倉と関わりを持っていく流れが描かれています。

さらに、1巻から藤倉を虐めていた西野という不良番長ぽい人物が、アメリのターゲットなり

  • 自宅の地下に監禁され
  • 指を切られて拷問を受け
  • 水酸化ナトリウムを顔にかけられ

最後は、藤倉の代わりに殺害してしまいます。

アメリがいじめっ子の西野を拷問するシーンは、結構グロテスクなシーンも多めで、少しキモいシーンもあります。

藤倉は殺害を望んでない

なんとなく、今回のネタバレ説明でわかるように、虐められてる主役の藤倉の代わりに、アメリが藤倉を困らせる相手を殺害する内容です。

要は、アメリが藤倉に

「じゃあ、君の代わりに殺そうか?」

って聞く感じで、アメリが藤倉をいじめていた奴らを殺害していくんですが、藤倉自身は、さすがに殺害するまでは望んでいないんですね。

むしろ、アメリが藤倉を助けるという大義名分で殺害し、それを楽しんでるかのように思えます。多分ですが、アメリはシリアルキラーのような感じがします。

じゃあ君の代わりに殺そうかの感想

こういう漫画って決まってエロいシーンもある漫画が多いのですが、「じゃあ、君の代わりに殺そうか?」の漫画では、あまりないです。

グロくてキモいシーンはあり、どちらかと言うと、サスペンスホラー学園漫画って感じ。

そして、読みながら登場する人物たちの考えや行動を推理しながら漫画です。

面白いですし、密かに人気な理由もわかる気がします。

学生が好きそうな漫画ですが、大人が読んでも面白いですよ。

漫画名 じゃあ君の代わりに殺そうか
著者+作者 蔵人幸明、榊原宗々
星で評価 4.0