鬼門街10巻の表紙

漫画の刃漫画の刃

鬼門街10巻を読み終えました。

思ってた通り、マサトが放火魔と対決しボコボコに。そして放火魔に憑依した鬼の正体も明らかになりました。

さらに後半では、新しい鬼も登場するのですが…

鬼門街10巻ネタバレ

鬼門街10巻では、9巻で登場した放火魔野郎と、そんな犯罪者に憑依した鬼の将来が明らかになります。

まず、予想通りというか、やっぱりマサトが放火魔と対決。

 

ボコボコにします!

マサト強いです!

 

どうやって倒したのかは、漫画を見ていただけるとわかると思いますが、マサトは強いだけじゃなく賢いと感じるでしょう。

 

ここは鬼門街10巻の1番の見どころです!

 

ちなみに、10巻では前回から登場した放火魔の鬼の正体とその能力が明らかになります。

鬼の名前だけ9巻読んだ方なら大体予想できてると思いますので、ネタバレしちゃいますが名前は

炎鬼

 

放火魔だけにね。

 

どんな風な能力かも何となく予想できると思いますが、正直、めちゃくちゃ弱いです。

特に、おつむが。

 

どちらかと言うと、マサトが強くて賢い。

そんな感じですね。

マサトと豪鬼はいずれ仲違いするの?

鬼門街10巻では、そんな放火魔とマサトが戦うシーン以外に、気になった箇所が。

それは、豪鬼とのやり取りです。

 

なんとな〜くですが、「いずれ豪鬼とマサトは仲違いするのかも??」と思わせるシーンがあります。

 

仲違いじゃなくても、いずれ意見が合わなくて大げんかして一時的に離れるとか。

わかりやすく言うと、別居する夫婦のよう。

 

なんて言うか、マサトの悪い奴への制裁の仕方と、豪鬼のやり方・考え方が合わずに喧嘩する時がいずれくるような気がしました。

 

鬼門街10巻で放火魔をボコボコにした後に、マサトはこの犯罪者をどう始末するのか?は、注目してよんでください!

パチコン依存症のおっさんと鬼?

鬼門街10巻は、それだけじゃありません。

さらに新しい鬼と、その鬼が憑依した人生お先真っ暗のおっさんが登場します。

このおっさんですが、実は、

パチコン依存症

パチコン依存症の恐怖

10巻で登場するパチコン依存症の男。

途中、そんな依存症の人が陥る落とし穴が出てきます。

なんて言うか、覚せい剤とか薬にハマる人のように、パチコンに依存する人もやばい。

落とし穴

1回でもハマると、もう落とし穴にハマったかのように抜け出せなくなる。

新型コロナウィルスで自粛ムードの中でもパチコンに行っていた人がいましたが、多分、病気なんでしょう。

 

パチコンしてないと落ち着かない・・・

今度こそ勝てる!

そんな地獄が待っています。

そんなパチコン依存症に憑依した鬼。

10巻では、まだ具体的には分かりませんが、なんか放火魔に憑依した鬼に似てる。

 

もしかして、あれ、これって炎鬼?

って思うぐらい。

 

果たしてどんな能力があるのか?

11巻では、その能力が明かされると思いますが、戦闘タイプには全然見えません。

パチコン依存症のおじさん自体が。

マサトが絡むと思うんですが、どういう展開になるかは今回は読めません。

鬼門街10巻の感想は?

鬼門街10巻は、前回の巻が物足りなかっただけに面白い戦闘シーンもあります。

これは放火魔・炎鬼と、
マサト・豪鬼の戦い。

 

そして、豪鬼の強さも発揮されるんですが、豪鬼の本当の狙いはも気になりました。

あとは、最後の方に出てきたパチコン異常症のおっさんと、その人に憑依する鬼。

全然、その能力も分からずに10巻は終了。

 

「続きが気になる」というよりかは、少し「モヤモヤが残る」のが10巻の正直な感想ですね。

9巻と同じぐらいの感想ですかね。

ま、でもマサトの賢い戦いぶりや、豪鬼の強さも垣間見れるので面白いのは面白いです。

漫画名 鬼門街10巻
漫画家 永田晃一
星で評価 3.0