ひげを剃る。そして女子高生を拾う2巻

漫画の刃漫画の刃

同じ顔で私は嘘をつく2巻は、陽として生きる月の学校生活の奮闘記です!

漫画名 同じ顔で私は嘘をつく2巻
漫画家 志峨丘トウキ
星で評価 3.5

同じ顔で私は嘘をつく2巻無料で読む方法
詳しくはコチラ

同じ顔で私は嘘をつく2巻ネタバレ

同じ顔で私は嘘をつく2巻では、交通事故で植物人間状態となった陽を演じてる姉の月が陽として学校に登校。

そこで、陽が実は

  • 勉強も
  • おしゃれも
  • 部活動も

実は色々と努力して一生懸命に頑張っていたことを痛感することに。月自身は、陽はもともと持って生まれた天才肌の人間だと勘違いしていたわけです。

陽の学校生活

一方で、月は陽として学校に通うことで、今までの自分の学校生活とは全然違うことも実感。

「学校でこんなに楽しい場所だったなんんて…」

そう感じるようになるわけです。

これってイジメにあってる人が読んだら、この気持ちは理解できると思います。

皆から好かれる優等生として学校に行くと、学校のイメージが全然変わる。

まさに、そんな状態を月も陽として学校に登校することで肌で実感することができるんです。なんとなく、月自身も相当辛い日々を送っていたんだと思うと少しかわいそうな気もします。

陽として生きる大変さ

一方で、冒頭でも書いたように、陽として生きる大変さも月は感じるように。特に2巻では、陽が入部していたソフトボール部に月が連れて行かれるんですが、今では珍しい、めちゃくちゃ激しくハードな体育会系ソフトボール部だったんです。

月は、「自分には絶対無理」

そんな気持ちになり、なんとか理由をつけて部活を退部しようとします。

しかし、陽を慕っていた友人、B組の相良アキラというソフトボール部にいそうな女子に食い止められて押し切られてしまいます。

母親は気づいている?

同じ顔で私は嘘をつく2巻では、最後、自宅に帰宅した月になんとなく母親は気がついている気がしました。

100%じゃないけど、やっぱり母親ですからね。

しかも、月の母親でもあるわけですから双子でも顔が似ていたとしても仕草や癖などはなかなか変えられないですしね。多分、気づいていると思います。

いや〜怖い、怖い。

漫画名 同じ顔で私は嘘をつく2巻
漫画家 志峨丘トウキ
星で評価 3.5

同じ顔で私は嘘をつく2巻無料で読む方法
詳しくはコチラ