社内探偵16巻

漫画の刃漫画の刃

社内探偵16巻は、三屋部長から総務部に異動命令を受ける久我ありさが驚きの表情を見せますが、転んでもタタじゃ起きない久我さんのすごさも見せてくれます。

ただ、やっぱり虎の尾を踏む形となってしまったのか…モヤモヤが残る感じです。

そして三屋部長が怖い…

漫画名 社内探偵16巻
漫画家/原案 egumi(えぐみ)かたおかみさお
星で評価 4.0

社内探偵16巻を無料で読む方法
詳しくはコチラ

社内探偵16巻のネタバレ

社内探偵16巻は、三屋部長から呼び出しをくらった久我ありさが、突如、総務部に移動命令を受ける話から始まります。

正直、このシーンを見ると「ついに本当の黒幕が動き始めたか〜」って感じると思います。

というのは、久我ありさもあの性格なんで、簡単に引き下がることなく逆に、今まで思っていたことを正直に三屋部長に聞いてしまうんです。

  • 若林元部長のパワハラ告発の不正に加担した人を突き止めたこと
  • 町上が久我ありさが監視していたこと
  • さらに、それを三屋部長が指示していたこと

などなど、その真相を確かめるために三屋部長に直談判しますが…

三屋部長の本性

16巻に登場する三屋部長ですが、今までの違い印象が変わりました。なんていうか、三屋部長の本性が現れてる感じがします。

怖いです。

今までの三屋部長は表の顔だったのか、裏の顔は久我ありさも驚くぐらい目が怖くて、たまに「はあ〜」とため息をつくような冷たい態度を見せてきます。

特に、久我ありさが三屋部長から異動命令を受けてから今までのことを直談判した後の態度が、「使えない部下はもう必要ない!」って感じの冷たい上司って感じ。

いち読者の私でも、がっかりです。

町上が動く

そんな冷たい態度であしらわれた久我ありさは、退職も考えることに。それを町上に伝えると、彼自身もかなり罪悪感を感じてるような態度を見せてきます。

ただ本当の頃は言えないのか、四面楚歌のような状態で、なんだか町上くんも可愛そうに見えてきました。

ただ、最後の最後に会議の場で、町上も男を見せてくれます!

三屋部長に「悪いのはお前だ!」的な発言をし久我ありさを守ろうとするんです!

今まで頼りなかった彼が少しかっこよく見えた瞬間です。

そこで16巻は終了してしまうんですが、とにかく続きが気になる気になる。

はやく17巻が見た〜い。

飯田達にほっこり

そんなモヤモヤが続くとき、久我ありさは飯田からランチのお誘いを受け松原を含め3人で食事をすることに。

このランチ会で女子3人が話している内容が三屋部長の件もあったので、ほっこりします。この内容は、あえてネタバレしませんが、久我ありさが行ってきた人事の仕事が間違ってなかった。

さらには、ちゃんと会社を良い方向に進めていると実感できる感じがしますよ。

本当、久我ありさには三屋部長には負けないで欲しいと心から応援したくなってきました!

漫画名 社内探偵16巻
漫画家/原案 egumi(えぐみ)かたおかみさお
星で評価 4.0

社内探偵16巻を無料で読む方法
詳しくはコチラ

社内探偵の漫画1巻〜最新刊まで全話ネタバレと正直な感想を下記の記事にて更新中!
→ 社内探偵・最新刊まで全ネタバレ