まんが王国の妻、小学生になる7巻

漫画の神様漫画の神様

妻小学生になる7巻は、内容的には最近の内容とは違い、ほっこりする感じ。

「家族の良さ」を改めて感じさせられる内容です。

漫画名 妻、小学生になる7巻
漫画家 村田椰融
星で評価 4.5

妻、小学生になる7巻を無料で読む方法
詳しくはコチラ

妻、小学生になる7巻ネタバレ

妻、小学生になる7巻は、冒頭、麻衣が彼氏の愛川蓮司を父の圭介と会う事に。

どうして、そういう展開になったかは不確かですが、とにかく結婚前の挨拶のような展開になってしまい、麻衣自身はてんてこ舞い状態になってしまいます。

  • 突然、彼氏を紹介して大丈夫かな?
  • お父さんはどんな対応するんだろう?
  • 傷つかないかな?

などなど、麻衣の心配性が凄すぎてえます。

一方で、天然の彼氏は全く動じず。逆に、父の圭介はニコニコした状態で対応していたので、全く問題ないと思いきや、蓮司が帰ったあとは家族写真を見つめた状態で落ち込み感が半端ない。

その姿が面白くて笑っちゃいます。

圭介は妻LOVEなので、娘に対してはそこまで執着しないと思っていましたが、全然。やばいぐらいの落ち込みで、まるで結婚して出ていってしまうような感じ。

いやいや、彼氏紹介されただけだから!

ってツッコミをいれたくなるぐらい。

 

ただ、男親で娘がいる人なら7巻を読んだら、圭介の気持ちもわからなくもないと思います。

娘がいると、いつかは訪れるその日を常に考えながら生きていきますが、いざ、その日が来ると全然対応できない父親。

まさに、圭介はそんな状態なんですが、そのあとの麻衣と圭介のやり取りが笑える、笑える。同時に5巻〜6巻がドキドキの展開だったので、今回はほっこりして落ち着きます。

最終的には、ここに小学生の妻も間に入り、圭介に対してアドバイスをすることで一件落着になる感じです。

守屋のバレンタイン

妻、小学生になる7巻では、守屋のバレンタインチョコというテーマの内容も含まれています。なんとなく想像できると思いますが、守屋はいまだに圭介のことが好き。

だけど、麻衣のことや圭介の家族のことを考えると気がひける…だから、バレンタインチョコも上げたいけど上げられない守屋。

そんな守屋を妻の万理華も心配するのですが、これって少し複雑です。

最終的には、守屋らしいやり方で圭介にバレンタインチョコをプレゼントするんですが、このシーンは片思いの男性がいる女性が読んだら勇気付けられる内容だと思います。

万理華の母親が求めるもの

7巻で私が個人的に一番ほっこりしたのが、この部分です。万理華の母親は、シングルマザーとして万理華を育てるため日々、仕事を探しまわりクタクタ状態。

精神的にも辛い状態ですが、以前とは違います。7巻からは、万理華を思い、そして万理華を理解し、2人で一緒に楽しく暮らしていこうと決意。

それを見た万理華も母親の気持ちを理解し、母親が本当に求めてるモノをプレゼントしたいと思い、なんと決別していたと思われた圭介と、万理華、そして万理華の母親の3人で遊園地に行くことに。

というのは、万理華の母親は昔から家族の愛に飢えていたわけ、普通の家族が普通に過ごしている日常を求めていたわけです。

それを実現させたいと思い、万理華は圭介を呼んで3人で遊園地に行くことを計画。

一瞬、それってやばい展開になるかも…って私も読みながら心配しましたが、最後は涙しちゃうぐらい凄い良い展開で終わりますよ!

このシーンは、この漫画の良さが凄い出てる内容だし、読み終えると本当に幸せな気持ちになるし、ほっこりするので心が疲れてる人は読んで欲しいと思います。

家族って良いな〜

って改めて感じさせられる内容ですよ!

漫画名 妻、小学生になる7巻
漫画家 村田椰融
星で評価 4.5

妻、小学生になる7巻を無料で読む方法
詳しくはコチラ

妻小学生になるの漫画1巻〜最新刊まで全話ネタバレと正直な感想を下記の記事にて更新中!
妻小学生になる全巻ネタバレ